読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書をもって、街に出る

といいつつ、なかなか出ない

「ド田舎」の可能性についてどう思いますか?

マンガ

いつの間に

蝉から鈴虫に

変わったの

(字余り乙)

 

・・・季語って二つ入れていいんだっけ?

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

先日友人に勧められたので、Kindle Unlimitedを

試してみた。

 

ところで、

「読み放題」は、「~放題」というカテゴリーの中でも

群を抜いてコストパフォーマンスに優れている

 

「食べ放題」「飲み放題」「詰め込み放題」などは、

一見非常にお得そうに思えるが、実際は物理的限界にすぐぶち当たる

しかも後で必ずと言っていいほど後悔する。(主にトイレの中で)

 

だが、読み放題はどうだろう。

まず、胃袋インの「食べ放題」「飲み放題」などと比べて

圧倒的に物理的許容量が大きい

 

眠気と空腹にさえ勝つことができれば、いくらでも読み耽ることができる。

 

なおかつ、後悔することが非常に少ない。

圧倒的クソ駄作にでも出会わなければ、時間の無駄だったと思うことは

皆無に等しい。(駄作は駄作で好きだし)

 

「じゃあ、映画とかアニメの見放題はどうなのさ」

というご質問をされるかもしれない。(しないか)

 

だが、映画やアニメはあらかじめ時間の尺が決められてしまっていて、

25分なり120分なりはお行儀よくパソコンの前に座っていなければならない。

 

その点、本やマンガならば自分のペースで読むことができる

 

とまあ、読み放題はかくも素晴らしいものだったということに

気づいた今日この頃でした。

(あくまで個人の感想です)

 

 

・・・本題。

 

例の読み放題の中に面白そうなマンガがあったので読んでみた。

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

 

 

舞台は、伊豆の山奥のさびれた温泉宿。

高齢化率は50%以上。

いわゆる限界集落というやつです。

 

登場人物は、

仕事に疲れ切った元バリバリのゲーム業界人

死に場所を求めてやってきたネットアイドル

それを追っかけてやってきたオタクたち。

そして温泉宿の主人と息子

 

・・・面白くないわけがないじゃないですか。

 

物語の主題は、借金抱えて潰れる寸前の宿を、みんなの力で

どう再生させていくか、というもの。

 

時が止まってしまった限界集落を、都会では落ちこぼれとしか

いえない若者たちがアイデアと熱意で激変させていくその過程が

面白いのはもちろん、サブカルに染まり切った登場人物たちの

コミュニケーションや価値観の衝突の描写がとても秀逸。

 

なんか読んでてワクワクした。

世の中捨てたもんじゃないぜ、って。

都会だって田舎だってまだまだやれるぜ、って。

 

 

しかし、

今までの読書スタイルだったらたぶん出会ってなかったなあ、この本。

 

まったく、Kindle様様だよね。